【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

2017年3月29日 芸能人 No Comments
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:40:13.774 ID:NAGhPD9Ia.net
広瀬すずよりイラマチオしたい女っている?

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:45:38.716 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:46:49.669 ID:DG8+huQM0.net
なんだかんだで可愛いな

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:48:52.667 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:49:19.766 ID:zEsdezud0.net
性格悪そう

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:50:46.736 ID:NAGhPD9Ia.net
>>12

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 04:52:44.891 ID:NAGhPD9Ia.net
奥まで加えられそう

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:01:37.980 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:02:31.823 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:02:55.811 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:05:56.983 ID:NAGhPD9Ia.net
「ご主人様の……私はご主人様の……が欲しいです」
「聞こえないな。俺の何が欲しいんだ?」

「ご主人様の精液が欲しいです!ご主人様の精液を私に飲ませてください!」

そう言い放った広瀬すずは力なく「うう……」と泣き崩れた。

「な……なに?」

すずの返事を聞いて照明係の男は驚いた。
それは自分が欲していた完璧な答えだった。

「これから教え込もうとしていた奴隷の心得を、まさかすずが知っていようとは」

男は感動のあまり少しばかりうろたえてしまった。

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:06:27.399 ID:NAGhPD9Ia.net
「そうか、ならば味わうがいい。俺の神聖な白い血をな」

照明係の男は一気に襲いかかり乱暴にすずの髪をわしづかみにすると、強引にすずの顔を股間に押しつけた。

「きゃぁっ」

すずの悲鳴は一瞬だった。
すずの口にはすぐさま照明係の男のチン○がねじ込まれ、唇が根元にまでくるほど頭を抑えつけられた。

「グフッ……ングゥ────」

息ができない、声もだせない。
照明係の男性器が喉を越え食道にまで達しているかのようだった。

たまらず照明係の太ももをパチパチと叩き抵抗するが、それでもなお照明係は強く頭を抑えつけた。

「ゴフッ……グフッ────」

噎せかえるすずの口元からダラダラと唾液の束が水飴のようにしたたり落ちる。

「苦しい……もう駄目」

すずがそう思った時、照明係の手からスッと力が抜けた。

途端にすずの身体は勢いよく跳ね照明係の身体から離れた。

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:06:49.115 ID:NAGhPD9Ia.net
「グハーッ……ハーッハーッ───」

その場にうずくまったすずは思いきり息を吸った。
まるで海で溺れたかのような苦しさに襲われていた。

「どうしたすず、もう終わりか?その程度じゃ褒美をもらう事もアリスを助ける事もできないぞ」

仁王立ちの照明係の男は薄い笑みを顔に張り付けながらすずを見下ろした。
眼下に見るすずは口元から垂れ落ちる唾液をふくこともせず、ただゼーゼーと息を乱してうずくまっていた。

「もう一度だよ」

静かな男の声がすずには恐怖だった。

ゆっくりと身体を起こし再び照明係の男の足元に膝まずいた。
噎せかえり充血した目からはポロポロと涙が溢れ、乳房には自ら垂れ流した唾液がドロリとまとわりついていた。

「ンンンーッ──グウウウッ───」

指導室に再びすずの悲鳴が響く。

あまりの苦しさに顔を歪めると、目にたまっていた涙が一斉に溢れ落ちた。

いくら手に力を入れて抵抗しても、照明係の男はそれ以上の力で頭を抑えつけてくる。

「もっと。もっと奥までくわえろ」

照明係の男は両手ですずの頭を抑え、グイグイと力を込めた。
しかし、鬼畜な行為をしているにもかかわらず、すずを見つめる男の表情は冷静そのものだった。

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:07:10.967 ID:NAGhPD9Ia.net
「ンン───ングッ───ンンンーッ───」

限界に近づいたすずは力を振り絞り照明係の男の股間から逃げだした。
どこにそんな力があったのか、自分でも驚くほどの力が出た。

「ゲホッ……ウゲーー──ハァァァ────ッ」

咳き込む口元からドロドロと糸を引いて唾液が落ちる。
それでもとにかく息をせずにはいられなかった。

照明係の足元には辺り一面すずの唾液が飛び散っていた。

「もう一度」

なおも男はこの鬼畜な行為を要求した。

すずが可哀想などという感情は微塵も無い。

苦痛に歪むすずの表情がたまらなく愛しかった。

「も、もうダメ……できま……せん」

すずは何度も首を横に振って壁際に後退りしたが男はそれを許さなかった。

「もう一度だよ」

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:08:12.374 ID:NAGhPD9Ia.net
「俺が今の地位になるまでどれだけ苦労したと思ってるのかな‥‥?
すずちゃんみたいな顔だけで何不自由なくチヤホヤされてるJKに何がわかるの?」

話の内容とは裏腹に、男は冷静な口調で淡々と囁きながら大きく腰を振った。

「グウッ────ンググウッ─────」

身体を壁につけたすずはその一撃を全て喉の奥に受け止めるしかなかった。

「ガハッ───ゴホッ───」

男が腰を振るたびにすずの口から唾液が噴き出した。
手、乳房、紺のニーハイ、そして床も口元から溢れ出るすずの唾液にまみれていった。

「苦しい? でも軽率な発言をする悪い口にはお仕置きしなきゃね」

照明係の男の言葉にすずは納得も後悔もしなかった。

ただただ嘔吐しそうなほど強烈な今の苦しみから解放されたい、頭の中ではそれしか考えられなかった。
楽になれるならば、後はもうどうなってもいいと。

「苦しそうな醜い顔をしてるね。そんなすずちゃんがTVでも見れるようになるのは僕らが一生懸命ライトを照らしているからなんだよ?
その事を忘れないでね」
男はすずの顔に力一杯股間を押し込んで言い放った。

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:08:49.623 ID:NAGhPD9Ia.net
その時だった。

すずは男の性器以外に何か温かい物を口の中で感じた。
同時に男の圧力が少し緩んだ気がした。

「ようやく苦しみから解放される」と安堵したのも束の間、その温かい物がどんどん口の中に満ち溢れてきたのがわかった。

それが何かわかったのは、男の性器から口を離し咳き込んだ時だった。

「カハッ───ゲホッ──ゲホッ───」

咳をした瞬間、口から唾液と共に白い液体がダラダラと床に向け落ちていくのがすずには見えた。

咳き込むたびにそれはドロドロと大量に溢れ落ち、床はたちまち白濁色に染まっていく。

「あぁ……ああぅぅ─────」

それが精液だと気づいた時、すずは悲痛な声をあげてうなだれてしまった。
その姿を見て、照明係はすずを支配した事を実感した。

「今、すずは俺に恐怖し自分の無力さを思い知ったはずだ」と。

事実、すずは似たような気持を抱いていた。

「ハァハァ…」

口に残る男の味とツンと鼻を襲う生臭さにすずは「この人には逆らえない、逆らいたくない」という恐怖を感じた。

そしてすずは、ゆっくり声を発した。

「全部…でたと?」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:11:54.517 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:13:57.338 ID:NAGhPD9Ia.net
【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

【画像】広瀬すずにイラマチオしたい

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/15(水) 05:07:29.134 ID:baKBxXzl0.net
ワロタ

Tags :

コメントを残す